ホームページ制作会社の選び方 集客ができる制作会社を選びましょう

世の中には多数のホームページ制作会社があります。

今回はそんなホームページ制作会社の中からどんなホームページ制作会社を選ぶべきか、解説していきます。

まずホームページを制作するにあたって、以下のような目的が考えられます。

・店舗に集客をしたい
・名刺代わりになるようなホームページを制作したい
・営業活動をしなくても仕事の依頼が来るようにしたい

他にも目的はあるかと思いますが、ほとんどが上記のようなものです。

もし名刺代わりのホームページを制作したいのであれば、WIXなどを使えば無料で作れるのでわざわざホームページ制作会社に依頼する必要はないでしょう。

今の時代、何の目的もないただ作るだけのホームページ制作しかできない制作会社であれば、きつい世の中です。

この記事では、「店舗に集客したい」「ホームページから仕事の依頼を獲得したい」といった目的がある上で依頼すべきホームページ制作会社(Webコンサル業者)の選び方を紹介します。

具体的には、

・ホームページ制作・集客コンサル会社の仕事はどんなものか?

・費用はどのくらいかかるのか?

・ホームページを使って何をすべきなのか?

といったことを解説していきます。

もし、以下を読んでいって自社のホームページに不安がある、

今依頼している業者がここまでやってくれていない、成果が出ていないということであれば

請負ますので、LINEでご相談ください。

LINE @リンク

今回は、大田区の繁華街蒲田の日本酒居酒屋「日本酒居酒屋月のあかり蒲田店」のホームページ制作という設定で施策について解説していきます。

(僕が日本酒が大好きすぎるので、今回例として取り上げます。)

ホームページに集客する提案をしてくれる制作会社を選びましょう

ホームページ制作をし、集客をするために最低限やらなければいけない施策としては以下です。

<検索流入のためのSEO最適化>
・どんなキーワードを狙うのか決める
・ディレクトリ構造の最適化・整理
metaタグのタイトルタグを狙ったキーワードに合わせて設定
metaタグのキーワードを狙ったキーワードに合わせて設定
metaタグのディスクリプションを狙ったキーワードに合わせて設定
・ページはpdfや画像は使わずにテキストで作成する
・サイトのxmlGoogleに送信する
・スマホユーザー向けデザインを整える
・アクセスを集計できるようツールを導入する
・ページ数を増やせるように、ブログ機能を入れる
・問い合わせフォームを導入する

どんなキーワードを狙うのか決める

蒲田の日本酒居酒屋「月のあかり」として対策したいキーワードで失敗するケースとしては下記があげられます。

「蒲田 月のあかり」

「月のあかり」

「日本酒 月のあかり」

上記は間違いです。

「月のあかり」という店名を知っていて、検索してくれるユーザーは来店前提で検索してくれているので、

わざわざキーワードとして狙う必要はありません。

狙うキーワードとしては、

「蒲田 日本酒居酒屋」

「蒲田 日本酒 デート」

などが本命です。

ここで上位表示をすることで、「蒲田で日本酒居酒屋を探しているけど、どんなお店があるのか分からない」というユーザー向けて

集客することができます。

シチュエーションに分けて、

「蒲田でデートで使える日本居酒屋ないかな~」

とか、

「蒲田で新政飲める日本酒居酒屋ってあるのかな~」

とか、

「蒲田で忘年会で使える貸切とか大人数入れる日本酒居酒屋どこなんだろう~」

みたいなユーザーニーズに合うようなキーワード対策をする必要があります。

ここらへんはホームページ制作をする際に、しっかりと自社の強みを理解して、ホームページを作り込む必要があります。

個室があるならデート
小さい店舗なら貸切できる
品揃えが強みなら日本酒の銘柄
上記のような形でキーワードを盛り込んでいく必要があります。

狙うキーワードの調べ方は、Googleキーワードプランナーを活用するのが一番です。

しっかり調査せずにホームページ制作をして、

「蒲田 日本酒居酒屋」

の検索数がめちゃくちゃ少ない・・

なんてことにならないように、まずはキーワードプランナーで調査をしましょう。

このツールでは普段広告配信している業者でないと検索数を正確に把握できないので、知り合いの広告運用会社などに聞いてみると良いですね。

もちろん、弊社でも気軽に連絡いただければお調べします。

ディレクトリ構造の最適化

TOP 蒲田 日本酒居酒屋

└店舗の写真と説明

└アクセス

└メニュー

└ブログ

└お問い合わせ

もし、他に店舗があるのであれば、

TOP

└蒲田のページ

└店舗の写真と説明

└アクセス

└メニュー

└ブログ

└お問い合わせ

└池上のページ

└店舗の写真と説明

└アクセス

└メニュー

└ブログ

└お問い合わせ

上記のように、エリアごとにディレクトリを分けます。

狙ったキーワードでディレクトリを分けることで、適切にキーワードを狙うことができます。

また、各ディレクトリのタイトルはかっこつけて「menu」「access」のように英語で表記するのではなく、

「メニュー」「アクセス」のように日本語で表記する必要があります。

・ディレクトリでキーワードを狙えるように、エリアで分ける
・ディレクトリの名称は日本語で表記する

metaタグのタイトルタグを狙ったキーワードに合わせて設定

タイトルタグとは、上記の画像の囲ってある箇所です。

この時、気をつけなければいけないのは、

TOP

└蒲田の日本酒居酒屋のページ蒲田の日本酒居酒屋月のあかり

  ∟店舗の写真と説明写真|蒲田の日本酒居酒屋月のあかり

  ∟アクセスアクセス|蒲田の日本酒居酒屋月のあかり

  ∟問い合わせページ問い合わせ|蒲田の日本酒居酒屋月のあかり

というように、ページごとタイトルを分けて設定します。

・タイトルは簡潔に、目的に沿ったものを設定する

metaタグのキーワードを狙ったキーワードに合わせて設定

Googleにどんなキーワードでの検索を想定しているのか教えてあげる設定項目があります。

Google Chromeの「検証」機能を使うと、自社ホームページや他社ホームページの狙っているキーワードを確認することができます。

ぐるなびのサイトだと上記の画像のように設定されていますね。

蒲田の日本酒居酒屋月のあかりなら、

「蒲田,日本酒,居酒屋.バー,月のあかり」

みたいな形で設定します。

metaタグのディスクリプションを狙ったキーワードに合わせて設定

ディスクリプションも、キーワードと同様、設定することができます。

ディスクリプションとはどの箇所かというと、上の画像のような、場所です。

Google 検索に一覧で表示される、サイトの説明の箇所ですね。

タイトルと合わせて一覧で表示された時にユーザーの目を引くことができるディウクリプションは重要なので、

しっかりと設定する必要があります。

・キーワード、ディスクリプションは簡潔に設定しよう
・目を引ける数少ない重要な箇所であるディスクリプションは必ず設定しよう

ページはpdfや画像は使わずにテキストで作成する

よくホームページ制作会社では、簡単にホームページを制作するために画像を使うことがあります。

特に、店舗型のお店ではメニューをpdfにしてします場合がありますよね。

pdfや画像を使ってしまうのは非常にもったいなく、そんな提案をしてくる制作会社は辞めた方が良いです。

(検索を狙わない、キャンペーン用のLPなどならスピード重視で画像でもokです)

画像を使ってはいけない理由は、画像のみで作成してしまうと、Googleがホームページを認識することができないからです。

そして制作したページの中には、「蒲田」「日本酒居酒屋」「月のあかり」といった上位表示を狙いたいキーワードを散りばめましょう。

これがSEOで検索結果に上位表示をする上でGoogleに教えてあげる重要なシグナルになります。

サイトのxmlをGoogleに送信する

サイトマップといわれていて、.xmlの拡張子で作成できるファイルをGoogleに送信することで、

ホームページにGoogleの検索エンジンにページを認識してもらうことができます。

少し難しいかもしれませんが、Google Search Consoleというツールを使うことで送信することが可能です。

技術的な話なので、詳しく知りたい方はお声がけください。

スマホユーザー向けデザインを整える

現代では、ネットを使う人のうちスマホを使う人が54.2%います(総務省調査)。

https://www.bcnretail.com/market/detail/20180528_62223.html

ホームページ制作をして、依頼して「画面サイズごとに複数のデザインが必要で値段が高いからやめてしまった。」

などよくある話ですが、必ずスマホ用の画面は制作してください。

PC用の画面しか作らないと、ユーザーがホームページを見てくれても字が小さすぎてすぐページを閉じてしまったり、表示が崩れてしまったりと悪いことしかないです。

50%以上の機会損失を生んでしまいかねないので、必ず作成しましょう。

作成するページの幅は、PC用、iPadなどのタブレット用、スマホ用の3パターンのみでokです。

PC用、スマホ用の2つのデザインあればあとは制作会社側のコーディングのみで作成できてしまうので、そんなに手間はかかりません。

もしPC用しか作っていないのであれば、スマホ用のみでも制作会社に作ってもらいましょう。

アクセスを集計できるようツールを導入する

ホームページを作った上で、どのくらいアクセスが来て、どのくらいのユーザーがCV(予約)しているのか集計できるツールを導入する必要があります。

もしツールを導入していないと、ホームページを制作した費用対効果があっているのか把握する術がありません。

もし飲食店で食べログよりも公式ホームページ経由の予約が多くなれば、脱食べログをして、ホームページに投資していくことで粗利を伸ばすこともできますね。

Google Analytics

Google Search Console

2つは最低限入れましょう。

Google Analyticsとは?

どのくらいのユーザーが、どのページを見ているのか確認することができるツールです。

ページ内のボタンをどのくらいクリックされているのか、ページの離脱率や滞在時間まで計測することができます。

アクセス集計をするための基本ツールです。

Google Search Consoleとは?

狙ったキーワードが検索結果で上から何番目に表示されていて、CTR(ナンパーセントのユーザーがクリックしているか)を確認することができるツールです。

ホームページを制作して、作成したページがどのくらい上手く動いているか、効果検証するために必須となるツールです。

「蒲田 日本酒居酒屋」

というワードで現状30番目に表示されているのであれば、

・日本酒の品揃えを紹介するページを作成

・毎月の来店予約キャンペーンページを作成

・店長の日本酒ブログ

などコンテンツを増やしていくことで、「蒲田 日本酒居酒屋」のワードで上位表示を目指す施策を打っていって、

上手く反映されているかどうか確認することができます。

細かい機能について紹介すると、1冊の本になってしまうので、それぞれのツールについて詳しくは別記事で解説します。

ページ数を増やせるように、ブログ機能を入れる

「蒲田 日本酒居酒屋」以外にも「蒲田で日本酒を飲める店を探している」ユーザーを獲得するために、狙うべきキーワードはたくさんあります。

細かいキーワードや日本酒銘柄の入荷のお知らせなどはブログ記事にして、集客に活かすことができます。

例えば下記のような感じです。

お店の特徴で集客

「蒲田の日本酒居酒屋月のあかりの特徴」

というブログ記事を作成して、下記のようなキーワードを狙います。

蒲田 日本酒 飲み放題
蒲田 日本酒 安い
蒲田 日本酒 一人
蒲田 日本酒 宴会
蒲田 日本酒 居酒屋 個室
蒲田 日本酒 隠れ家
蒲田 日本酒 喫煙可
蒲田 日本酒 深夜
蒲田 日本酒 静か

接待で使いたい人や、深夜営業している、宴会できるなどは最高の強みです。

接待で使いたいときは、大事な予約なのでお店探しに慎重になっています。

食べログに情報を掲載していても、内容が薄かったり、席の雰囲気や日本酒の銘柄など詳しく掲載していない場合が多く、予約に踏み切れない場合がほとんどです。

ここまで具体的に調べているユーザーは、食べログの情報だけでは満足せず、ホームページを探します。

そこでホームページに接待で使うなら完全個室で、出せるコースや用意している日本酒の銘柄を詳しく掲載していれば、安心して予約することができます。

日本酒の銘柄で集客

日本酒 獺祭 蒲田
蒲田 日本酒 紀土
蒲田 日本酒 14
蒲田 日本酒 新政

日本酒が好きな人は、好きな銘柄があります。

好きな銘柄がない日本酒居酒屋だとそもそも行かない、なんて場合もあります。

逆に、入荷した銘柄や、常時用意している銘柄をブログ記事で店長が紹介しているお店なら、安心して予約することができますよね。

ユーザーが予約するまでにハードルとなる情報を、埋めてあげて、ハードルを取っ払ってあげると予約につながります。

期間限定イベントで集客

蒲田 日本酒 イベント
蒲田 日本酒 クーポン

お得に予約できるクーポンや、期間限定イベントなどに力を入れることでも集客につながります。

定期的にホームページを更新することもGoogleからの評価につながるので、ブログ機能は必須です。

店長の日本酒ブログにファンがついたら最高で、定期的に来てくれる常連の獲得にもつながります。

問い合わせフォームを導入する

問い合わせフォームもしくは、電話をかけられるボタンをホームページに導入しなければ何も始まりません。

メールでも良いですが、Line@とかだと、気軽に相互のコミュニケーションを取ることができるのでおすすめです。

メールでお問い合わせがきたらメールで返信するのではなく、電話なりLineなりで相手のニーズを探ることが必要です。

お店の予約の場合だったら、問い合わせが来た際に自動返信する機能などを導入し、要望を聞くようにしておければ最高です。

ホームページ制作、SEO対策ならご相談ください

ホームページを制作して、集客をしたいと考えているのであれば、気軽にご相談ください。

現在すでにホームーページがあるのであれば、どのように運用すれば良いのか、問題点はどこなのかアドバイスも承ります。

ホームページ制作会社を選ぶときになんだか専門用語ばかりで、任せて作ったはいいけど役に立っているのかわからないという場合が多く、投資が回収できていないケースを良く目にします。

ホームページを制作する目的をしっかり定義して、目的に沿ったホームページ制作をして集客を実現したいと強く考えているのであれば、お手伝いできます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました